「レノボ・ジャパン主催 新製品発表イベント〜 新製品および人気機種のタッチ&トライ 〜」に行ってきたー! ブックマーク数

「レノボ・ジャパン主催 新製品発表イベント〜 新製品および人気機種のタッチ&トライ 〜」に行って、2013年4月9日(火)発売のレノボ(lenovo)「ThinkPad Helix(シンクパッド ヘリックス)」を見てきました。

ThinkPad Helix
ThinkPad Helix

ThinkPad Helix(シンクパッド ヘリックス)はノートブック、スタンド、タブレット+(プラス)、タブレットと4つのモードに切り替えが可能なUltrabook。国内発登場となる脱着式です。キーボードからディスプレイ部分を外して、タブレットとして使えます。

ThinkPad Helix(シンクパッド ヘリックス)は見た目はでかいです。タブレット単体だけでもちょっと重いなと感じました。大きさは11.6インチ、ゴリラガラス、フルHD(1920×1080)・10店マルチタッチスクリーンディスプレイを採用し、約12時間(タブレット:約8時間、キーボード:約4時間)の長時間駆動なバッテリーが内蔵されています。

ThinkPad Helix

スタンドモードはタブレットを外側にして、キーボードを装着した状態で使用できます。これならタブレットを手に持たずに使うことができます。タブレットを外側にして、キーボードに装着して閉じた状態で使用すれば、タブレット+(プラス)モードになります。画像は取り忘れました(笑)

シンクパッド ヘリックス

ノートブックモードはタブレットとキーボードを一体化した形で使用するウルトラブックです。

ThinkPad Helix

ThinkPadの特徴でもある「トラックポイント」もあります。キーボード上から手を動かすことなくキー入力をすることができます。さらに、滑らかな指触りのガラス製クリックパッドに5つのボタンを埋め込んだ「5ボタンクリックパッド」を採用しています。

ヘリックス

タブレットモードはタブレットを取り外して、タブレット単体で使用することができます。本体には格納可能な「ThinkPad Helix」専用デザインの「デジタイザー・ペン」を使用することができます。「デジタイザー・ペン」は、より精細な描写が可能なワコム社のデジタイザー技術を採用しており、2048段階の筆圧感知にも対応しているそうです。

デジタイザー・ペン

実際にペンを使ってみましたー。「ThinkPad Tablet2」についているペンよりも使いやすかったです(*´∇`*)

ThinkPad Helix

電車で片手でタブレットを持ちながら、ネットを見るには重い気がしましたが、絵を描いたりとかできたら楽しそうです。私は絵心がないんですが、ちょっと描いてみたいんですー。

でも、キーボードと一緒に持ち歩くにはちょっと重そう。。。

レノボ

詳しくはこちら⇒ThinkPad Helix

Related Posts with Thumbnails
この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。



シェア



タグ: , ,

コメントをどうぞ

Your server is running PHP version 4.4.9 but WordPress 4.0 requires at least 5.2.4.