リアルサンプリングラボ(RSL)「腸内環境に大切な菌のお話」に参加してきた ブックマーク数

リアルサンプリングラボ(RSL)「腸内環境に大切な菌のお話」に参加してきましたheart04

リアルサンプリングラボ(RSL)「腸内環境に大切な菌のお話」

<第1部>は講師の浅野まみこ先生の講演で、<第2部>は高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000の試飲とプレゼンテーションでした。

<第1部>は浅野まみこ先生の講演で、「腸内環境でカラダはかわる 美人は腸でつくられる」です。

リアルサンプリングラボ(RSL)「腸内環境に大切な菌のお話」

免疫力の60%が腸に存在しているそうで、免疫力が高まると、アレルギーになりにくく、体も良くなります。

リアルサンプリングラボ(RSL)「腸内環境に大切な菌のお話」

体内の菌は、善玉菌:日和見菌:悪玉菌=2:7:1の割合だそうです。ビフィズス菌(善玉菌)はすぐになくなってしまうそうで、いかに増やすかを考えることが大事だそうです。ウェルシュ菌(悪玉菌)はガスを作ったりしています。その他大勢の日和見菌はどっちにも着く菌だそうです。どう見方につけるかが重要となります。

リアルサンプリングラボ(RSL)「腸内環境に大切な菌のお話」

腸内フローラは年齢とともにどんどん減っていきます。老年期では腸内フローラの半分が悪玉菌になってしまいます。善玉菌をいかにキープするかがポイントとなります。腸内フローラとは、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)のこと。叢とは「くさむら」の意味で、腸内細菌が多数集まっている状態のことをいいます。

リアルサンプリングラボ(RSL)「腸内環境に大切な菌のお話」

では、今日からできるカンタン腸活です。

リアルサンプリングラボ(RSL)「腸内環境に大切な菌のお話」

朝食をきちんと食べる。

リアルサンプリングラボ(RSL)「腸内環境に大切な菌のお話」

腸の活性化に必要な発酵食品の納豆がオススメです。

リアルサンプリングラボ(RSL)「腸内環境に大切な菌のお話」

<第2部>は高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000の試飲とプレゼンテーションです。

高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000

高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000は酸に強く、おなかで菌が増殖するビフィズス菌飲料です。

高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000

ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作るので、リンゴ果汁を入れて、飲みやすくしてます。

高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000

飲んでみると、薄いお酢の味がします。まぁリンゴの味もするかなー。効きそうな気がしました。

高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000

高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000をまとめると、おなかで増殖して、高濃度なビフィズス菌飲料となります。

高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000

お試しにいただきましたので、続けて飲んでみようと思います。

高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000

サンプル百貨店さん、ありがとうございました。

Related Posts with Thumbnails
この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。



シェア



タグ: , , ,

コメントをどうぞ

Your server is running PHP version 4.4.9 but WordPress 4.0 requires at least 5.2.4.